スポンサーリンク

CentOS7のCUI環境を日本語に変更

 

CentOS7にTera Termなどで接続すると、すべて英語で表示されます。
やはり報告は日本語でもらいたいですよね・・・だって日本人だもの!

環境・前提

  • OS:CentOS 7
  • テスト先:ServersMan@VPS Entry
  • 変更したい文字コード:UTF-8
  • root権を取得した上で、処理を行なう。

方法

1.まずは、日本語向けパッケージをインストールします。

# yum -y install ibus-kkc vlgothic-*

2.システムの文字セットを変更します。

[XXXX ~]# localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8
[XXXX ~]# source /etc/locale.conf 
[XXXX ~]#echo $LANG
ja_JP.UTF-8

3.日本語になっていることをコマンドを打って確認します。

[XXXX ~]#yum -y update
読み込んだプラグイン:fastestmirror
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
…

それでも文字化けする場合

Tera Termの送信文字コード、受信文字コードが、CentOS側の文字コードと一致しない場合文字化けが発生します。
確認方法は設定→端末と選んでいただき、下の方にある「漢字-受信(K)」「漢字-送信(J)」で指定された文字コードをUTF-8に変更してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。