create database db_redmine default character" /> create database db_redmine default character" />
スポンサーリンク

CentOS7にRedmine3.0をインストールする。

 

VPSサーバーにRedmineを導入してみましたので
備忘録がてら、まとめます。

環境・前提

  • OS:CentOS 7
  • テスト先:ServersMan@VPS Entry
    ※wordpressがインストールされたサーバに導入したので、すでにMariaDB(mysql)はインストール済み。
    ※root権を取得した上で、処理を行なう。

方法

1.開発ツールをインストール

# yum -y groupinstall "Development Tools"

2.Ruby、Passengerのビルドを行えるようにヘッダファイルをインストール

# yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel libffi-devel

3.Ruby(Ver 2.2.2)をダウンロード

# cd /tmp/
# curl -O http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.2/ruby-2.2.2.tar.gz

4.ダウンロードしたファイルの展開

# tar xvf ruby-2.2.2.tar.gz

5.Rubyのビルド

# cd ruby-2.2.2
# ./configure --disable-install-doc
# make
# make install
# cd ../

6.Rubyがインストールされたかどうか確認

# ruby -v
ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-linux]

7.bundlerのインストール

gem install bundler --no-rdoc --no-ri

8.MySQLのキャラクタセットをUTF-8に変更

nano /etc/my.cnf

開いたファイル上の[mysqld]セクションに以下を追記
character-set-server=utf8

最下部に以下を追記
[mysql]
default-character-set=utf8

9.MySQLにRedmine用のDBを追加(DB名はdb_redmineで作成します。)

# mysql -uroot -p
MariaDB [(none)]> create database db_redmine default character set utf8;
MariaDB [(none)]> grant all on db_redmine.* to user_redmine@localhost identified by '(任意のパスワード)';
MariaDB [(none)]> flush privileges;
MariaDB [(none)]> exit

10.redmineのダウンロード

# cd /tmp
# curl -O http://www.redmine.org/releases/redmine-3.0.0.tar.gz

11.redmineの展開、配置(/var/lib/redmineディレクトリに配置します。)

tar xvf redmine-3.0.0.tar.gz
mv redmine-3.0.0 /var/lib/redmine

12.redmineのDB接続設定を追加

# cd /var/lib/redmine/config
# nano database.yml

空のTextが表示されるので以下を記載
production:
  adapter: mysql2
  database: db_redmine14.
  host: localhost
  username: user_redmine
  password: "(任意のパスワード)"
  encoding: utf8

13.Redmineのメール送付設定を追加

# nano configuration.yml

空のTextが表示されるので以下を記載
production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: "localhost"
      port: 25
      domain: "example.com"

  rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf

14.Redmineに必要なGemの入手

# cd ../
(ここで自身のいるディレクトリがredmineとなっていることを確認して下さい。)
# yum install mysql mysql-devel
# bundle install --without development test --path vendor/bundle

※CentOS7の場合、mysql2のインストールでエラーが出るため、1行目の記述が必要です。

15.Redmineの初期設定

セキュリティトークンの生成
# bundle exec rake generate_secret_token

データベースに対してテーブル生成
# RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
デフォルトデータ登録
# RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data

16.Passengerのインストール

# gem install passenger --no-rdoc --no-ri
インストーラを動かすのに必要なモジュールをインストール
# yum install httpd-devel
インストーラの起動
passenger-install-apache2-module
インストール時の選択
Use <space> to select.
If the menu doesn't display correctly, press '!'

 > (*)  Ruby
   ( )  Python
   ( )  Node.js
   ( )  Meteor

インストーラ終了後、下記のような出力があるためメモ
(環境により内容は異なります。)
Please edit your Apache configuration file, and add these lines:

   LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-5.0.15/buildout/apache2/mod_passenger.so
   <IfModule mod_passenger.c>
     PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-5.0.15
     PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby
   </IfModule>

After you restart Apache, you are ready to deploy any number of web
applications on Apache, with a minimum amount of configuration!

17.Apacheの設定

confファイルの作成
# cd /etc/httpd/conf.d/

空のテキストが表示されるので以下のように記載して保存
#ヴァーチャルホストの設定(今回はヴァーチャルホストを想定しています。)
<VirtualHost *:80>
ServerName (取得したドメイン)
DocumentRoot /var/lib/redmine/public
</VirtualHost>

# Passengerの基本設定。
(先ほどメモしたLoadModuleから始まる文言)

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

<Directory "/var/lib/redmine/public">
  Require all granted
</Directory>

18.Apacheの再起動

# service httpd restart

19.Apache上のPassengerでRedmineを実行するための設定

chown -R apache:apache /var/lib/redmine

最後にバーチャルホストで設定したアドレスを打ち込んで
Redmineのページが表示されればインストールは成功です。
お疲れ様でした!

ですが残念ながら!
利用するためには初期設定を行う必要があります。
そちらは下記URLを参考に設定して下さい。
Redmineを使い始めるための初期設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。