スポンサーリンク

LightRoom CCを契約するか否か悩む

   2015/11/01

20151012-_MG_5383

写真は前行った鶴見緑地ー

 

今、写真の現像にはLightRoom5を利用しているのですが

なんと前購入した富士フィルムのXQ2のRAF形式がLightRoom5では対応してない!?

 

XQ2はサブカメラとして基本Jpg撮って出し運用でもいいかとは思うのですがやっぱりRAW現像ができるならしたいなーってことでLightRoom6かLightRoom CCで悩んでおります。

軽く比較した内容を備忘録的にまとめてみました。

 

機能面の違いについて

Lightroom CC、6、5の機能比較 | Adobe Lightroom CC履歴

Adobeの表通りなのですが、基本的にCCの方が機能が多いようです。

各レビューを見てても、HDR、かすみの除去は評価が良い模様・・・

 

価格面の違いについて

ここが大きく違うのですが、LightRoom6はパッケージで買い切り、LightRoom CCは月額課金となります。

初期投資としてはCCが優勢ですが使用している間月額でお金を払い続けなければならないのがネック

しかしCCは、今後のアップデートに追加費用が掛からないというメリットがあります。

大体LightRoomは1年半で次期リリースを行っているので、それを加味して考えると

LightRoom6:14,139円(Amazon参考)

LightRoomCC:月額980円×18→17,640円

大体3,000円程度の差となりますね。

ただし、LightRoom5をすでに持っている場合アップデート版という選択があるので、下記のように

LightRoom6:14,139円(Amazon参考)→9,600円

こうなると7,000円の差額が…

3,000円と比べて割高感が出てきました。

 

その他の違いについて

その他大きなところとしてはCC版であればLightRoomCC以外にもPhotoShop CCやモバイル向けのLightRoomがついています。

問題としては使うつもりがあまりないという事でしょうか

ただし、今後写真を突き詰めていこうと思うといずれ必要になるのがPhotoShop・・・そう考えると悩ましいです。

 

まとめ

気持ち的には、買うならCCかなと感じています。

何よりCCは定期的にアップデートが入り便利な機能が実装されているという実績があるので、今後について非常に安心できるというか、期待感がありますね。

もう少し考えようとは思いますが、衝動的に契約しちゃいそうですw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。