スポンサーリンク

Windows10を導入してみました。(ファーストインプレッション)

 

Windows10が出てからもう1か月以上たちましたね。
そろそろメジャーなツールはWindows10対応を表明し始めたので、そろそろいいかなと我が家のPCもWindows10にアップグレードしてみました。

まだほんの少ししか使ってませんが、いくつか感想を

復活したスタートメニュー

やはりWindows10の目玉といえばこれでしょう。
Windows8でなくなったスタートメニューが復活しました。

しかも、ただの復活ではなく、Windows8で培ったスタート画面のノウハウも生かした形で復活を遂げています。

個人的にはWindows7のスタートメニューより使いやすいです。
パネルをカスタマイズしていけば、より使いやすくなっていくのではないかと思います。
この辺は大満足ですね。

ストアアプリが進化

進化、といってもストアアプリ事態に何か革新があったわけではありませんが
Windows10からストアアプリが強制的に全画面表示にならなくなりました。
正直起動しただけではストアアプリなのかデスクトップアプリなのか判別つきません。

しかし、それが非常にわかりやすい。
これまではフルスクリーンを強制されていたため使いにくかったストアアプリも非常に使いやすくなっています。
特にカレンダーなんかは、ストアアプリ版のツールのほうがやっぱり見やすいです。
惜しむらくは完成度の高いストアアプリはまだまだ少ないというところでしょうか…
これからに期待です!

Edgeは存在感薄い

マイクロソフト的には一つの目玉でもある新ブラウザEdgeは正直なところ期待外れ感があります。
なんていうんだろう、別に使い勝手が非常に悪いわけではないんですが
今使ってるブラウザ(Chrome使ってます。)を乗り換えてまで使いたいかと言われるとうーん…って感じ

まとめ

一番大きかったのは、今までの設定、環境を壊さずに移行できたということですね
もちろん、使い込んでいけば動かなくなったアプリなど出てくるのかもしれませんが
OS移行時の宿命であったドライバダウンロード、インストールやら今まで使ってたアプリの再インストールやらが
全く必要なかったのは大きいです。

アップデートしても普通に使える。
これってすごい重要なことですよね。

今後も使い込んで気づいた点はどんどん記事にしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。