スポンサーリンク

のんのんびより9巻 感想

 

年始でちょい暇だったのと、電子書籍にて9巻発売のアナウンスが来ていたのでのんのんびより9巻を買って、読んでみました。

個人的にはアニメよりも、作者あっとさんの地味な黒さが見え隠れする漫画の方が好きです。(アニメは2期途中でリタイアしました。。。)

のんのんびより (9) (MFコミックス アライブシリーズ)

あっと KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-12-22
売り上げランキング : 184

by ヨメレバ

総評

今巻は冬をテーマに書いてますね、前回の冬テーマ巻である4巻と比べて、どちらかといえば変化球的な冬回が多かったかなと思います。(まぁ直球ネタは4巻で大体やってしまってるという事でもあるのでしょうが・・・)

4巻ではお正月ネタはなかったんじゃないかな・・・今回はお正月ネタが結構豊富だった感じですねー

扉絵・カラー絵

あっとさんのカラー絵は柔らかい感じがして好きです。

蛍・れんげには各絵ごとに服装を変える力の入れっぷりに比べて、なぜか越谷姉妹は制服中心

考えるの面倒だったんだろうか・・・w

ここからは各話の感想です。

63話

1年越しでまさかのお塩さんフラグ回収

れんちょん・・・去年は忘れてはったんですか・・・

なっつんのアクアリウム知識に脱帽

自分もアクアリウムをやってるので、もう少し水が出来てから〜といったセリフには驚きました。

あっとさん、テラリウムの経験あるんですねー

オチは最後にさらりと持ってくる、しかも内容の微妙な黒さ、この辺りが自分は大好きです。

64話

のんのんびよりにはよくある、れんちょん暴走回では無いかと思われます。

まさかの寝てる人間の夢を誘導するという発想が面白いです。

最後起きた時の状況がカオスすぎて笑いました。

65話

そういやほたるん雪大好き設定あったな、と思い出した回

基本的にはほたるんが遊んだ後が全て罠となってこまりんに襲いかかるという鉄板ネタ?

個人的には微妙に表情の無いペチさんがお気に入りです。

66話

個人的には9巻の中で一番面白かったです。

ひかげが必死にお年玉を狙って、結局お年玉を渡す羽目になるというお話

基本、ひかげの立ち位置ってこれだよなーとホッとしましたw

しかしこのこのみさんの黒さよ・・・

67話

最後のオチのためだけに1話を使っていくスタイルがいい感じ

最後までちょいちょいとネタははさむものの、そこまで盛り上がる感じではなかったのですが

それだけに最後の「笑う門に副来ないのかよ」には爆笑しました。

68話

他の話とは少し毛色の違う感じでした。

ほのぼのの中に、少しだけせつなさを混ぜた回

ただそれだけじゃなく、最後にこれまでの全てを台無しにするような発言もあり。。。これがのんのんびよりですな!

69話

駄菓子屋がやらかすという珍しい回

相変わらずなっつんと駄菓子屋は下手な姉妹より姉妹っぽいです。

れんちょんがおもちゃの手錠が外れなくなって警察呼ぼうとするあたり、なんか年相応の感じだなぁとほのぼのしました。

でも普通小学一年生くらいなら警察の番号までは知らないんじゃなかろうか・・・w

あとがき

いつもこの人のあとがきは切れ味鋭く面白いことが多いのですが、今回はいたって普通の近況報告でした。

ちょっとだけ残念。。。

のんのんびよりは基本刊行ペースが遅いので、次もまた気長に待とうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。