スポンサーリンク

AT限定免許とかなくなるべきだと思う

 

新年早々攻撃的なタイトルではありますが!

まず、勘違いしてほしくないんですが車はMTであるべきだ、なんてことは思っていません。

っていうか自分も今はAT乗ってるしね。超便利

ただ、MT免許もそうだけど、基本的に免許取るのが簡単すぎないか?って思うわけです。

そもそもMTの運転なんて、そんなに難しいものじゃないです。

それなりにアクセル・クラッチのコントロールができれば誰だってそれなりには走れます。

それすら難しいと思える人間に、車に乗る資格は無いと思うのです。

 

そもそも車は凶器だ

そう、車は凶器です。

人に向かってアクセル踏めば簡単に人を殺せるのです。

包丁だって、小学校の時に家庭科の授業で口酸っぱく「人に向けてはいけません。」だの「使うとき、左手は猫の手にしなさい。」だの言われたはずです。

自動車だって同じで、便利な道具というだけでは無いのです。一歩間違ったら人を殺すことだって十二分にあり得るのです。

 

車は便利だけど、軽い気持ちで乗ってほしくない。

車に乗るという事は、人を殺すかもしれないという事、そして免許を取得するというのは車に乗るための基礎知識は得て、人を殺すかもしれないリスクも背負い、覚悟したという証だと思います。

そういった気持ち・覚悟を持って車を運転してほしい。

特に大型連休では、日々車に乗ってないペーパードライバーの方が軽い気持ちで車を動かし、重大な事故につながっています。

ペーパードライバーであることを自覚しているのであれば、大型連休前にでも教習所へ赴き、ペーパードライバー向けの講習を受けるべきなのです。

車に対する知識・覚悟があればそういった気持ちも湧いてくるのではないでしょうか・・・(少なくとも私は、人を殺すかもしれない機会を何年かぶりに動かすのであれば、入念な準備をします。)

 

まとめ

昨今、車や免許は身近になり簡単に免許が取れるようになっています。

AT限定免許なんていうものも、その過程で生まれた産物です。

そもそも簡単に免許と取らせる必要が本当にあるのかどうか、そして取れるからと言って簡単に免許と取り、簡単な気持ちで乗っていいのか

今一度考えるべきなのではないかな、と個人的には思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。