スポンサーリンク

無料のLightroomプリセットで遊んでみる。

 

PhotoShop Lighrroomでは、あらかじめ決められた効果をプリセット化し保存しておく機能があります。

また、自分が作成したプリセットだけではなく、あらかじめ用意されたプリセットや、第三者が作成したプリセットをダウンロードして利用することができます。

プリセットの扱い方等については下記記事が詳しいので丸投げ

ちなみに今回は、こちらのサイトからダウンロードしたプリセットを試してみようと思います。

素材はこちら(無加工です。)

20151121-_MG_5703Canon EOS 60D (13mm, f/5, 1/500 sec, ISO100)

去年に言った香落渓で適当に撮った写真をチョイス

 

適用プリセット:B&W Romance 5

20151121-_MG_5703-2Canon EOS 60D (13mm, f/5, 1/500 sec, ISO100)

白黒写真加工でしょうか?

なんか昔の写真!って感じが出ましたね

 

適用プリセット:Chocolate Shadows

20151121-_MG_5703-3Canon EOS 60D (13mm, f/5, 1/500 sec, ISO100)

こちらも白黒加工なのですが上のと全然雰囲気が違います!

濃淡がはっきり出ていて自分はこちらの方が好みですね。

 

適用プリセット:Color Cream Wash

20151121-_MG_5703-4Canon EOS 60D (13mm, f/5, 1/500 sec, ISO100)

少しぼやっとする加工、ですかね?

昔、写ルンですとか使って撮った写真はこんな感じで現像されたような気がします。

風景写真に対して積極的に使うようなプリセットでは無さそうですね・・・?

 

適用プリセット:Detailed Matte

20151121-_MG_5703-5Canon EOS 60D (13mm, f/5, 1/500 sec, ISO100)

これも白黒加工

なんか勝手な表現ですが、正統派な白黒加工って感じです。

 

適用プリセット:Touch of Drama

20151121-_MG_5703-6Canon EOS 60D (13mm, f/5, 1/500 sec, ISO100)

こちらは逆に青空中心にシャープな仕上がりになりました。

この5プリセットの中では一番風景写真に合ったプリセットなのかな?と思いますね

 

どうでしょうか、たった1枚の写真でもちょっとプリセットを変えるだけで随分と雰囲気の違う写真が出来ました。

写真は撮るだけでなく、その後の現像での遊びがいろいろ出来ることも面白さの一つですね。

今後もいろいろ加工して、このブログでもご紹介できればいいなぁ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。