スポンサーリンク

謝罪の大切さ

 

自分の職場には何があっても謝らない人がいる。

部下に対しては勿論、上司に対しても何があっても謝らない。

これって逆に凄いことだと思う。
だって謝ることでそれまで場を支配している責められる空気が和らぎ、次のステップの「どうやってこの局面を乗り切るか、リカバリーするか」という話に進むことが出来るというのに、行わないことでずっと責められ続けることを選ぶというのだから

正直自分に至っては、自分が悪くないだろうと思える局面でも次のステップに早く進みたいが故、謝って場をおさめる事すらある位だ
(これが良い事かといわれるとちょっと違うとも思うけど)

ただ、自分ほど卑屈になれとは言わないまでも自身の責任を認めて謝るという事は、社会人にとって必須のスキルだと思う。

謝る事で責任の所在が自分にあることを認めることで、相手にも責任を認めさせることが出来る。

矛盾しているように思えるかもしれないが、ビジネスにおいてだれか一人だけが悪いなんてことはほとんどのケースにおいては無いだろう。

大体はお互いのコミュニケーション不足だとか確認を怠っただとか相手にも一部の責任はあるはずだ。

そういった時、自分が責められているのに相手に対して「あんたも責任あるだろ!」なんてことは絶対言ってはいけない。

そんな言動は大体、相手を逆なでするだけで空気が上向くことはあり得ないからだ。

自分に一切の責任が無く、相手が逆切れしてるだけならそういった対応もありかもしれないが、自分に少しでも責があるのであれば最悪はただの罵倒しあいに発展することすらあり得る。

まずは自分の責を認めてから、相手にも責任があることを伝えることで、相手も素直に責任を認めることが出来るようになる。

「自分が間違っていました。申し訳ありません。ですが、次回からそういった事は○○のようなやり方に変えて頂けると助かります。」

こんな感じで言えば相手も素直に聞くし、次改善されなかったらこちらから指摘をすることだって出来る。

謝る事で次のステップに進むことが出来る。

これは上でも書いたが、謝罪が必要な局面とは大体は何か問題が起きており、解決が必要な状態のはずだ。
(緊急的であれば解決後に反省会となるケースもあるかと思うが)

そういった状態において、必要なのは罵声を浴びせることではなく問題の解決だ。
誰だって失敗した人を責めたいから責めているのではなく、なぜそういった問題が起きたのかをきちんと理解してから、解決策を出したいだけなのだ。

ならさっさと謝ってしまい、本題である”問題が起きた理由”を分析するフェーズに入ったほうが良い。

自分だけでなく、他の人もそう思っているのだから悪い方向に転がるはずがない。

謝って欲しいわけでなく、次からの改善を期待している。

これまで謝るべき謝るべきと書いていていきなり何言ってんだって感じだが、正直叱る人間で謝って欲しい人なんてほとんどいない。

叱ったり責めることで、自分の間違いに気づき、そして修正・改善してほしいのだ。

だからぜひ謝るだけでなく、今後どういったことに気を付けて同じようなミスを防ぐかを考え、話してほしい。

そうすることで自身の成長につながるだけでなく、他の人の信頼を得ることが出来る。

実は失敗して責められている、叱られている状態というのは非常にチャンスだ。

しっかり責任を認め、改善策を出すことでむしろ相手からの信頼を得ることだって出来る。

叱られても謝らないような人はせっかくのチャンスを棒に振るどころか、マイナス方向に振り切ってしまっている。

それでは人から信頼されるなんて夢のまた夢というものだ。

 

明日から4月という事で、新社会人も大勢いるだろうなという事で、今回は少しお堅いテーマを選んでみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。