スポンサーリンク

車でアクセス!小田深山渓谷への行き方について

 

小田深山渓谷への道のりは結構狭い道が多く、迷う人も多い割にはネットで事前予習がしにくいです。
(私もネットで調べてもよくわからず、現地で調べながらたどり着きました。)

そこで、松山からの行き方をGooglemapを使って説明します!

松山からのルート

1.まずは松山ICから国道33号を南下し、国道379号との分かれ道で、379号(右折)へと進みます。

2.国道379号をひたすら進み、国道380号との分かれ道で、380号(左折)へと進みます。

3.ちなみに、このルートだと途中に道の駅があります。小田深山渓谷の情報もあったりするので、時間があれば寄ってみるといいかもです。

4.ここからが分かりにくいです。道の駅からほどなく走ったところで、県道52号に向かって右折します。

5.しばらくすると県道211号との別れがありますがそのまま52号へ進みます。(右折気味に進みます。)

6.あとはひたすらまっすぐ行くと最後にT字路に当たります。ここを右折です。

7.そのまま進めばすぐそこは小田深山渓谷なのですが、駐車場がいくつかあります。

まずは橋を渡ってすぐの場所(左側)

もう少し進んだ後に、左側に砂利道が続いている場所(砂利道を降りた先に大きな広場があり、大駐車場となっています。

さらに直進した先に1か所、ここが小田深山荘となっており、一番わかりやすいところかと思います。

帰り道についての注意

さて、帰り道については来た道を戻ればいいのですが、一か所だけ間違ってはいけないポイントがあります。

6.で説明したT字路、帰り道は本来左折して帰るべきなのですが、うっかり直進でもしてしまった場合は、何としても戻ってください。

ナビやGooglemapを見ると、道は繋がっているので帰れるように思えますが、ここから先は砂利道の酷道が続きます。

運転に確固たる自信のある方以外は進まないことをお勧めします。

私は帰り道、ナビがこちらの道を指示してきたせいで結構苦労する羽目になりました。

こんな道や

こんな道が1時間程度は続きます。

最後に

行き方は少し難しく、かつ帰り道に罠がある場所ではありますが、渓谷の景色は本当に素晴らしいです。

たどり着けるか不安…と二の足を踏まず、是非とも行ってみて景色を堪能してほしいと思います。

↓のような景色があなたを待っています。

20161105-_mg_6791Canon EOS 60D (11mm, f/10, 1/30 sec, ISO200)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。